トップ  > イベント情報>  第7回アジア・太平洋研究会

第7回アジア・太平洋研究会「『インド・シフト』~世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?~」のお知らせ(2021年12月9日開催/講師: 武鑓 行雄)

科学技術振興機構 アジア・太平洋総合研究センター第7回アジア・太平洋研究会のご案内

関係者各位

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さてこの度、科学技術振興機構 アジア・太平洋総合研究センターでは、第7回アジア・太平洋研究会をオンライン形態(Zoom)でのWEBセミナーにて開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

【演 題】 『インド・シフト』 ~世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?~

【講演要旨】

インドIT業界が激変しています。インドITサービス企業は巨大化し、世界のトップ企業はバンガロールに次々と開発拠点を設置し、規模拡大を続けています。また、スタートアップ企業も急増しています。世界的なIT技術革新とビジネスの新興国シフトが進む中、「新興国にも関わらずIT先進国」という例のない国「インド」で大きな変化が起きています。コロナ禍でも成長を加速するインドIT業界とスタートアップ事情、イノベーションの新潮流についてお話しします。

武鑓行雄

武鑓 行雄(たけやり ゆきお)氏
元 ソニー・インディア・ソフトウェア・センター 社長

<略歴>

ソニー入社後、NEWSワークステーション、VAIO、ネットワークサービス、コンシューマーエレクトロニクス機器などのソフトウェア開発、設計、マネジメントに従事。 2008年〜2015年まで7年間にわたり、インドのシリコンバレーを呼ばれるバンガロールのソニー・インディア・ソフトウェア・センターに責任者として着任し、戦略的な拠点としての規模拡大に貢献する。2015年末に帰国し、ソニーを退社。 帰国後もインドIT業界団体であるNASSCOMの日本委員会の委員長など、インドIT業界と日本企業の連携を推進する活動を継続している。
2018年3月に『インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?』(PHP研究所)を上梓。
2021年4月より、慶應義塾大学SFC研究所上席所員
(慶応義塾大学工学部卒業、および、大学院工学研究科修士課程修了)

1. 日   時: 12月9日(木) 15:00-16:30 日本時間 (15分前からZoom入室可能)

2. 開催方法: WEBセミナー(Zoom利用)

3. 言   語: 日本語

4. 参 加 費:  無料

オンライン開催の詳細につきましては、以下の「視聴にあたっての留意事項」を十分ご確認のうえお申し込みください。

map

[アジア・太平洋研究会視聴にあたっての留意事項]

聴講をご希望される方は、下部のリンク[聴講申込み]よりお申し込みください。

申込み完了後、登録自動返信メールにて、Zoomウェビナー視聴に必要な情報をご案内しますので、当日まで大切に保管ください。

聴講申込み

※ Zoomウェビナーを利用するには、①Zoomアプリをインストールする方法と②ZoomアプリをインストールせずWEBブラウザから利用する方法(Zoomアカウントが必要)があります。Zoom利用手順は、下部リンク「Zoom-Support(外部サイト)」をご参照ください。

 

<お問い合わせ先>
科学技術振興機構アジア・太平洋総合研究センター
アジア・太平洋研究会事務局
E-mail: spap mail