貧しい国、豊かな国にも有効 ベトナムが見せた新型コロナに打ち勝つ方法

2021年6月3日 AsianScientist

国土が狭く人口が密集した発展途上国のベトナムは、パンデミックを引き起こすウイルスの封じ込めに革命的な手法は不要であることを、貧しい国にも豊かな国にも証明してみせた。

AsianScientist - 歴史上、人類の文明は数多くの感染症のアウトブレイクに遭遇し、その都度、将来に生かせる新たな知識と教訓を得てきた。強制隔離というものが初めて行われたのは、ヨーロッパをペストが襲った1347年のことであった。当時、入国した船員らに対し、ベネツィアの支配下にあった都市の役人は、イタリア語で「quarantino」と呼ばれる隔離を40日間行った。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生してから、1年が経過した今、国家にとって最善の策は、過去のパンデミックや、今回のパンデミックでの他国の行動から教訓を得ることである。特に東アジアの国々は、2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)の流行で多大な影響を被ったが、新型コロナでは比較的順調である。

中でも、大々的には取り上げられていないが、最も成功しているのがベトナムの取り組みである。COVID-19の症例が初めて報告されてから100日以内に届け出のあった症例はわずか270例で、死亡例はなかった。2020年12月31日の時点では、感染者数は1,400人強、死亡者は35人である(下記グラフ参照)。ベトナムは2020年のASEAN(東南アジア諸国連合)の中で、経済成長ならびに景気後退回避が見込まれた唯一の国である。

2020年のベトナムの新型コロナの感染状況

一見するとベトナムは不利な状況が多々あるように見える。同国はここ数十年にわたり著明な経済成長を遂げているが、世界銀行によれば、2017年の1人当たりの医療費でシンガポールは2,600米ドル以上、米国は10,200米ドル以上であるのに対し、ベトナムはわずか130米ドル未満とリソースに限りがある低中所得国の域を出ていない。ベトナムの人口は世界で15番目に多く、高齢化も進んでいる。さらに、北側の約1,400キロメートルの国境は、近年、複数の感染症がアウトブレイクした中国と隣接している。ではベトナムがCOVID-19対策において成功した理由は何か。ベトナムの経験から、他国は何を学ぶことができるのだろうか?

これまでのところ、この地域で新型コロナ対策に成功している国々は、追跡アプリなどの技術的な介入や高価な集団検診に大きく依存している。一方、ベトナムの戦略は、より低コストで試行錯誤された公衆衛生戦略を厳密かつ効果的に実施することに主眼を置いている。

世界保健機関(WHO)のベトナム代表であるパク・キドン(Kidong Park)氏はベトナムが成功した要因として、以下の3つを挙げている。
「早期かつタイムリーな対応」
「政府の強いリーダーシップとビジョン、迅速なリソースの動員」
「広く正確なコミュニケーション」

このような協調的な取り組みの成果は、同国の保健医療のインフラや準備対策に長年の投資してきたことが最大の成果を生み、過去の公衆衛生上の危機に対処してきた経験から蓄積された教訓のたまものである。

2020年、ベトナムの新型コロナ関連の死亡者数はわずか35人であり、世界の死亡者数が242万人であることを考えると、その感染封じ込めの戦略は驚くべき結果をもたらしている。これらの死亡者はすべてベトナムが最大の感染者数を出した同年8月に記録した。それでも1日の感染者数が50人を超えたことはなく、人口9,700万人の国としては異例のことである。

健康への投資の成果

ベトナムは過去数十年間の急速な経済成長により、貧困率は低下し、生活水準は劇的に向上した。パク氏によると、ベトナム政府は伝染性疾病のアウトブレイクに備えるための投資に力を入れており、この収益を保健分野に注ぎ込んだとのことである。

国際保健規則(IHR)2005年』で要求されているように、疾病の発生や公衆衛生上の緊急事態を管理するための能力を構築・強化するためにベトナムを支援してきました。新興国の疾病と公衆衛生上の緊急事態に対するアジア太平洋戦略に導かれ、ベトナムはこれらの分野における能力強化を大きく前進させたのです」とパク氏は述べた。

2019年12月下旬に中国が「病因不明の肺炎患者」の集団発生を報告すると、ベトナムは直ちに準備態勢に入った。中国が2020年1月11日に最初の死者を報告した数日後、ベトナム政府は最初のリスク評価を積極的に行い、その直後にあらゆるレベルの中央集権型の医療システムを迅速に結集させた。

これには、国家レベルの保健省から、省、地区、コミュニティレベルのすべての部署が含まれる。国の対応計画や技術的ガイドラインの策定から、患者への治療を行うためのすべての病院のトレーニングまで、ベトナムの医療システム全体が来るべき事態に備えて迅速に準備を行った。

ベトナムの新型コロナの感染管理において最も成功した戦略の一つは、積極的な接触追跡法である。この方法は、F0と呼ばれる感染者との接触の度合いに応じて患者を追跡し、F5まで追跡する。この包括的で低コストの戦略が成功したのは、医療システムのすべてのレベルに加えて、公安や軍人、公務員を動員し、感染が確認されたF0患者の接触者を地域の保健当局が特定するのを支援したことにある。

さらにベトナムはテクノロジーを活用した取り組みも行っている。2020年3月10日に、ベトナムの保健省は、手動による契約追跡戦略を補完するために個人が健康状態を更新できるアプリ「NCOVI」を発表した。

それに続き、4月下旬には、「Bluezone」と呼ばれる接触者追跡アプリをリリースした。「Bluezon」は、7月下旬に発生した新型コロナの第2次感染をきっかけに本格的に普及した。

これらの技術は、ベトナムが医療分野のデジタル化に向けて小さな一歩を踏み出したことを示し、技術に精通した近隣諸国が技術に大きく依存しているのとは対照的である。

例えば、韓国は高度なインターネットインフラを利用し、スマートフォンによる国民の追跡を義務化している。また、シンガポールは3月20日に世界に先駆けて、連絡先追跡アプリ「TraceTogether」の提供を開始したほか、雇用者が新型コロナ関連の最新情報を入手できるようチャットボットを開発した。

パンデミックの発生と科学的根拠の進化に伴い、ベトナムの戦略も進化している。国の対応計画と技術ガイドラインは、継続的に改訂・更新されており、保健省は国の対応を継続的に改善するためのプロジェクトを立ち上げている。

例として、ベトナムの4つの地域の緊急オペレーションセンターの1つとして機能している国立衛生疫学研究所は、7月30日に「ベトナムCOVID-19緊急対応プロジェクト」を設立した。

「世界銀行がスポンサーとなっているこの緊急対応プロジェクトは、今回のパンデミックの検出と対応のためのベトナムの能力強化を支援することを目的に掲げています」と、同研究所のインフルエンザ研究所長であるレ・ティ・クイン・マイ(Le Thi Quynh Mai)准教授は語った。

新型コロナウイルスの人から人への感染に関する研究を発表しているマイ氏は、国内の検査機関の検査能力を向上させるための取り組みを行ってきた。具体的には、病院や地方センターのスタッフを対象に、サンプル中のウイルスRNAの量を検出するリアルタイムRT-PCRなどの分子学的手法や、新型コロナウイルスに対する抗体の有無を検出する血清学的手法による、新型コロナウイルスの検査方法を訓練するワークショップを開催している。 新型コロナウイルスの感染拡大には、無症候性の症例とその前段階の感染が大きく関係していることが明らかになっているため、マイ氏のチームはエアロサーベイランスを利用し、地域社会における軽度で無症候性の新型コロナウイルス感染の有病率と抗体ベースの免疫についても詳しく調べている。

過去の教訓を生かした新たな課題への取り組み

ベトナムは、過去20年間、SARS、鳥インフルエンザ、はしか、デング熱など、感染症による健康危機に数多く対処してきた。2003年、中国の広東省でSARSが発生した際に同国はいち早く感染を報告した国の一つだった。同国は隔離、接触者の追跡、空港での検査などの国境措置を実施した結果、大成功を収めた。その結果、ベトナムはWHOからSARSの封じ込めを宣言された最初の国となった。

この経験は、2003年末に鳥インフルエンザA/H5N1のアウトブレイクが起きた後にベトナムが感染症の管理に成功する道を開いた。それから20年近くが経過した今、同国は既視感のあるシナリオのような人獣共通感染症のウイルスの発生を抑えるために、これまでの教訓を生かしている。

マイ氏は、2003年にSARSと鳥インフルエンザの研究をした経験が、新型コロナの謎を解明するためにチームを後押ししたとし、「SARSやH5N1などの過去のウイルスから学んだことで、新型コロナウイルスに取り組む自信がつきました。新しい病原体を扱うことのリスクを理解しているからです」と語った。

この経験はすぐに報われた。2月7日、国立衛生疫学研究所(National Institute of Hygiene and Epidemiology)は、SARSやA/H5N1と同様に新型コロナウイルスの分離に成功したと発表した。中国以外ではオーストラリア、日本、シンガポールに次いで、ベトナムは4番目にウイルスの分離を行った国となった。

これによって、3月初旬までに少なくとも4種類の新型コロナの検査薬が現地で開発された。その後、民間企業による迅速な商品化が進み、数千個の検査キットが全国に届けられ、検査能力が一気に向上した。その結果、新型コロナの検査を確認できる検査機関の数は1月下旬の4か所から、8月には250か所以上に増えたとマイ氏は述べている。

ベトナムは独自の検査キットを開発したにもかかわらず、隣国の韓国、シンガポール、台湾のように高価な集団検査の方式を採用していない。その代わりに、感染者が確認された地域では地域ごとに隔離して広範囲に検査を行っている。

マイ氏の研究は、ベトナムで新型コロナワクチンが開発された際にはそれを試す準備ができていることを意味している。

「我々は当研究所の新型コロナウイルス株を使って中和法を開発していますが、これは現地で開発された新型コロナワクチンに対する免疫反応を評価するために不可欠なものです」とマイ氏は補足する。

最前線での恐怖と疲労との戦い

パンデミックを通じて、ベトナムの迅速で的を射た対応が効果的であることがわかっている。ベトナムの戦略の中心となっているのは、症状の有無にかかわらず、すべての陽性患者とその直接の接触者を特定し、検査し、隔離することである。新型コロナウイルス感染症拡大には、無症候性の症例と無症候性の感染が不可欠であったため、症状ではなく、リスクに基づいて症例を隔離するこの戦略が特に重要であることが分かった。

ベトナムのもう一つの重要な武器は、地域に密着した厳重な封鎖と検査である。この方法によって同国では7月下旬までの死亡者はゼロ、99日間連続で地域社会での感染もなかった。また、7月下旬から8月にかけて、ダナン省で新型コロナ感染が拡大し、ベトナムで初めて新型コロナによる35人の死亡者が出た際にも、これらの戦略が窮地を脱した。

ハノイのバッハマイ病院熱帯病センターで集中治療室の副責任者を務めるグエン・クオック・タイ(Nguyen Quoc Thai)氏は、SARSや鳥インフルエンザなど、感染症の発生を管理する最前線で多くの経験を積んできた。タイ氏は、感染第2波時にダナンに派遣されたチームの一員として、医療スタッフとともに現地の病院の建設や運営、新型コロナ患者の治療やケアを支援してきた。タイ氏は、この継続的な死の脅威に直面した際に医療コミュニティが見せた回復力について強調した。

「最大の難関は、やはり病気への恐怖だと思います。しかし、1週間ほど経つと人々は個人用防護具にも慣れ、この戦いに参加しているのは自分だけではないと感じ始め、より効率的に仕事ができるようになりました」とタイ氏は語った。

ベトナムの新型コロナ感染は、8月のピーク時から大幅に減少しているが、ダナンでの発生のように、国内の他の都市や省で感染が急増していることは、各国が油断してはいけないことを示す重要な教訓となっている。

タイ氏によると、10月下旬に保健省のメンバーとともに中部高原地方のコンタム県とギアライ県を訪れ、さらなる感染を防ぐために地元の病院での対策を見直し強化した際に、慢心の兆しを感じていたという。

「新型コロナがいつベトナムに戻ってくるかわからないというリスクを、まだ多くの病院が正しく認識していないことがわかりました。おそらく、一息ついた後なのでより重要だと思われる他の作業に集中しているようです。しかし、世界中の新型コロナの現状を見ると気を緩めることはできません」

タイ氏はこのように話す。

時間が経つにつれ、人々が制限に疲れ通常の生活に憧れるようになるが、満足感が命取りになる。ベトナム以外でも、アジア・太平洋地域のいくつかの国では7月下旬から新型コロナの感染が急増しており、香港は突然の第3波に見舞われ、オーストラリアでは9月上旬に死者が出ている。また、地球の反対側であるヨーロッパやアメリカでも感染者が急増しており、各国政府は国民に警戒を呼びかけている。

新型コロナのパンデミックや過去の健康危機を乗り越えたベトナムが収めた成功は、リソースに限りがある国であっても公衆衛生に対する堅実な対応や取り組み次第で、現在も将来的にも、致命的な脅威から国民を守ることができることを証明している。