アジアの科学の先駆者たち:数学研究を高みに引き上げるベトナムのファム教授

2021年6月29日 AsianScientist

ベトナム史上最年少の正教授として知られるファム・ホアン・ヒェップ(Phạm Hoang Hiep)教授は、同国の数学研究をさらなる高みへと引き上げている。

ファム・ホアン・ヒェップ教授

AsianScientist - 物を買うときの基本的な計算から、ニュースでよく見かける統計データの理解に至るまで、

我々はみな知らず知らずのうちに日常生活で数学を使っている。我々が普段から目にしているこれらの数字は実数と呼ばれるもので、5や7.333333など、十進法で表すことができる実体的な値である。

しかし、すべての数学問題が実数だけで解けるというわけではない。高等数学では、虚数や複素数といった形で、想像力がもう少し必要になることがよくある。虚数とは負の数の平方根として定義されるもので、実数とは異なり、通常の数直線上に描くことはできない。虚数とその関数の研究は、複素解析と呼ばれている。

ベトナム科学技術アカデミーのファム・ホアン・ヒェップ教授は、これらの虚数にまつわる謎の解明に自身の学術的人生を捧げてきた。複素解析の分野における目覚ましい貢献と、ベトナムの数学の発展に対する組織的リーダーシップが認められ、アブドゥッサラーム国際理論物理学センターより発展途上国出身の若手数学者に与えられるラマヌジャン賞を2019年に受賞した。

35歳のファム氏は、2017年に母国ベトナムで史上最年少の正教授に任命され、話題になった。ファム氏は、科学と数学の関連性に関する自身の見解と、数学に対する同じ情熱を若い学生の間で育むための計画について語った。

1. 数学に興味を持ったきっかけは?

私が九年生のときでした。父が買ってくれた算数の本を読んで、数学の美しさに感動しました。

2. 昨年、複素解析の分野、特に多項式理論への貢献が認められ、発展途上国の若手数学者に与えられるラマヌジャン賞を受賞されましたね。ご自身の研究内容について、素人にも分かるようにご説明していただけますか?

私の主な研究分野は複素解析で、複素数の性質や関数を調べるものです。覚えておられるかもしれませんが、複素数とは実数と虚数―負の数の平方根を組み合わせたものです。具体的には、微分可能な(より小さな部分、つまり導関数に分解できる)複素数を用いて定義される関数である正則関数について調べています。

現在は、特異点の理解に注目しています。つまり、方程式や曲面のような数学的対象が退化したり、正常に機能しなくなったりする点のことです。複素解析では、特異点は、これらの正則関数の潜在的な挙動を特徴づけ、複素多様体と呼ばれる抽象的な数学空間を研究するためのツールを構築するのに役立ちます。

3. 研究の応用可能性としては、どのようなものがありますか?

私たちの成果は、複素解析と幾何学の新しい発見について調べるのに使うことができます。面白いことに、複素解析はその理論的性質に反して、量子物理学から流体力学、さらには画像処理に至るまで、様々な分野で重要な問題を解決するために用いられています。

4. ラマヌジャン賞の授賞は、ベトナムの数学の発展において極めて重要な組織的役割を果たされていることに対するものでもありました。これまで数学を普及するために行って来られたイニシアチブについて、いくつかお話し頂けますか?

私は2004年からハノイ国立教育大学で、2015年からは数学研究所で教鞭を取り、研究を行っています。数学は基礎知識と数学的思考を教えることで、教育や科学の発達に貢献しています。授業では、学生たちに数学の原理と応用を示すため、できる限り最高の講義をしようと努めています。また、数学的能力の高い若い学生を見つけてより高度な教材を提供したり、数学という分野に対する情熱を伝えたり、世界の一流大学の教授が関わっている学習・研究プログラムを紹介したりすることで、学生たちにより深い数学の知識を身につけさせようとしています。

数学セミナーで学生たちと(2020年) 写真提供 ファム・ホアン・ヒェップ教授

5. 数学を学ぶことの重要性とは?

科学とは、自然界と社会のプロセスを予測するために使われる法則と原理の体系です。これらのプロセスを正確かつ定量的に予測するためには、言語、手法、ツールとしての数学を用いることが必要です。したがって、数学を学ぶことで、科学の美を理解し、他の科学分野や現実生活上の問題に対して数学的知識を言語、手法、またはツールとしてさえ利用することができるようになります。

6. 特に若者がもっと数学に興味を持つようにするには、他にどのようなことができるとお考えですか?

人々が数学の美しさに気づき、毎日の生活の中で数学の関連性を簡単に説明できるようにするため、数学の意味や現実との関係について直感的で理解しやすい形で取り組むプログラムを構築する必要があります。また、STEM分野の才能がある若者たちのために、良質な訓練プログラムや奨学金制度を整備する必要もあります。

7. 次の10年でご自身のキャリアでどのようなことを達成したいですか?

今後10年間は、複素解析の未解決問題を解明する研究を続けたいと思っています。同時に、数学への情熱を持つ若者たちをもっと発掘して指導していきたいと思います。他の科学者と一緒に協働してベトナムにおける科学と教育の発展に貢献できることを願っています。

8. ベトナムでは、最年少でありながら最も生産性の高い教授の一人として知られています。あなたの後に続きたいと思っている人達に対して、どのような教訓を伝えることができますか?

私が伝えられることはただ一つ。情熱と自信を持って科学を勉強し、研究に前向きに取り組み、仕事に集中することだけが科学分野での成功につながる、ということです。