スマートなロジスティクス管理システムで3つのテクノロジー商品

AsianScientist - Eコマースの台頭により、ロジスティクス管理技術が脚光を浴びている。既存のシステムをよりスマートにする3つのテクノロジー商品を紹介する。

昨年、パンデミックが実店舗を打ち砕いたとき、明らかな勝利者として浮上したのはEコマース企業だった。消費者はデジタルプラットフォームから直接購入するようになり、実店舗が停滞している中で売り上げは急増した。

小売業者はオンラインで存在感を示せばメリットがあるとすぐに気づき、業界全体でデジタルトランスフォーメーションが始まった。昔ながらの小売店もデパートもウェブサイトをリニューアルし、テクノロジーを使って伝統的なビジネス方法を変えた。

このようなあらゆる動きの背後では、ロジスティクス管理システムが重要な役割を果たしている。物流は長い間軽視されてきたが、事業の背骨であり、 製品を効果的に保管し、サプライヤーから消費者への効率的な輸送を確保する。ロジスティクス管理システムは インテリジェントな予測システムから信頼性の高いリアルタイムの製品モニタリングまで含み、Eコマースの可能性の中で重要な要素となっている。

そのよう重要なものであるにもかかわらず、今日の市場で利用されるシステムはとうてい完璧とは言えない。以下に、ロジスティクスをよりスマートかつ効率的にする3つのテクノロジー商品を紹介する。

贅沢品購入に使える信頼あるロジスティクス

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生後、消費者の間でオンラインでの購入や宅配が増えた。電子機器や高級品などの高額商品も例外ではない。

そのため、物流会社は、大衆向け商品から高額商品まで、幅広い配送サービスを提供できるよう、輸送チェーンの信頼性向上に取り組んでいる。高額商品のニーズに対応するために、リアルタイムの監視と追跡が可能なマイクロビーコンシステムがシンガポールで開発された。

このシステムは、受信機および商品にタグ付けできる小さな電池式ビーコンで構成されており、高度に最適化された無線周波数パケット形式を使用して送信される。これにより、任意のエリアに高密度のビーコンを配置できるため、このテクノロジーは広い場所で行う仕事に特に役に立つ。

さらに、ビーコンは電力をほとんど消費せず、周囲からエネルギーを効率的に収集できるため、バッテリーを何度も交換することはなく、再充電の回数も減る。ビーコンの広い展開が可能になる。

各ビーコンにはさまざまな種類の低電力センサーを組み込むことができるため、企業はこのテクノロジーを使用して、温度、湿度、傾き、方向などの環境条件をリアルタイムで検出し、壊れやすい商品や繊細な商品のモニタリングを適切に行える。

人と物を屋内で追跡できる非侵入型発明

職場や学校などの施設では、セキュリティ、安全性、または入構を調べるためにスタッフと訪問者の追跡が必要になることが多い。このためには、ユーザーはスマートフォンにアプリをインストールしたり、専用のデバイスを操作したりする必要がある。現在、シンガポールを拠点とするある企業は、ブルートゥース対応のビーコンバッジを作成した。これにより、追跡はより便利に、侵入性のないものになる。

バッジの大きさは通常のクレジットカード程度であり、ユーザーは特定の施設内で問題なく持ち運ぶことができる。バッジは比較的安価であるだけでなく、他の全地球測位システム (GPS) を使う追跡システムと比較して展開と携帯は容易である。

バッジが提供する位置情報はデータサーバーに送られ、歩行振動やヒートマップなどを視覚化する。信じがたい雑踏の中でも、警備担当者は異常な出来事を検知することができる。このテクノロジーは人を追跡するだけでなく、Eコマース・フルフィルメントセンターなどの場所で従業員と商品の移動を監視するためにも使用できる。

在庫管理のためのインテリジェントな予測

予測は、大小の企業にとって事業計画の重要な要素である。しかし、パンデミックにより経済の不確実性と運用変動性が高まったため、信頼できる予測を行うことは難しくなってきている。

この問題に取り組むために、シンガポールを拠点とするある企業は、古典的なアルゴリズムと最先端のアルゴリズムの両方をもち、高度な予測を企業に提供できるインテリジェント予測システムを開発した。

このシステムは、既存の情報技術 (IT) 環境に容易に統合できるように設計されており、売上予測、在庫の最適化、キャッシュフローの増加、投資収益率の最大化、および可視性の向上によるマーケティング戦略計画について企業を支援する。

このシステムは操作が簡単で分かりやすく、さまざまな構成からなる詳細なレポートとグラフィックであっても数回クリックすれば表示できる。多面的な統計分析とマーケット・インテリジェンスを取り入れることで、プロジェクト、顧客、在庫管理などについて企業に価値を提供する。

(2022年05月23日公開)