2022年11月
トップ  > インド科学技術ニュース> 2022年11月

インドで注目のデジタルツイン分野...スタートアップ5社紹介

多くのインド企業がデジタルツインの分野で活躍し、インダストリー4.0に向けた世界の動きに貢献している。インドで注目のデジタルツインスタートアップ5社について、インドの人工知能(AI)関連のポータルサイトINDIAaiが11月2日付で紹介した。

デジタルツインとは、物理的な資産や機械などのデジタル版を仮想世界にマッピングしたものだ。例えば、生産プロセスのデジタルツインをもつことで、製造前に製品をテストし、潜在的な問題を発見することができるため、エンジニアにとって非常に有用となる。さらにディープラーニングで予測を強化することで、デジタルツインは自動車分野に革命を起こす可能性を秘めている。

以下に、インドで注目のデジタルツイン分野のスタートアップ5社を紹介する。

● パニニアン (Paninian)社
シミュレーション、AI、3D、モデルベースシステムエンジニアリングの最先端技術を組み合わせ、防衛や企業向けの次世代航空宇宙製品・サービス向けのデジタルツインプラットフォームを開発している。

● プラティティ・テクノロジー (Pratiti Technologies)社
太陽光発電インフラ向けのデジタルツインデータ分析ツールの開発・販売を行っている。サービスを導入することで、太陽光発電の性能予測の改善、日中の電力予測、根本原因分析の実施能力の改善などが見込まれる。

● ファクロンラボ (Faclon Labs)社
インフラ施設の様々な設備をスマート化するための、プラグアンドプレイソリューションを提供している。サービスを導入することで、エネルギー、水、空調システムの改善が見込まれる。

● ツイングリッド・ラボ (TwinGrid Labs)社
機械学習とクラウドコンピューティングのパワーを活用し、業界固有のデジタルツインを開発している。

● SwitchOn(スイッチオン) 社
デジタルツインを使って生産結果を予測するサービスを展開している。AIとデジタルツインを使って品質検査を自動化し、パフォーマンスを予測してイノベーションを加えることで、製造業におけるインテリジェンス を強化することを目的としている。

サイエンスポータルアジアパシフィック編集部