2021年10月
トップ  > ASEAN科学技術ニュース> 2021年10月

デジタル投資のハブとして強み マレーシアのデジタル企業が声明

マレーシアの主要デジタルテクノロジー会社は、マレーシア技術月間のデジタル投資週間中に、デジタル投資のハブとしてのマレーシアの強みを強調する声明を発表した。9月6日付。

マレーシアの研究者や主要国際企業の代表らは、マレーシアの主要な強みを、デジタルインフラと人材プールの成長、政治的に働きやすい環境、中国やオーストラリアなどの近隣国へのアクセスの良さがある地理的条件などであると強調した。

マレーシアのデジタルグローバルビジネスサービス(DGBS)業界のグローバルテクノロジーを推進する主要な企業が、魅力的な投資ハブとしてのマレーシアへの信頼を表明した。DGBS業界は、マレーシアのデジタル経済に最も貢献している業界の一つでもある。

最近、マレーシアデジタルエコノミー公社(MDEC)が、「デジタル投資の未来戦略5」(DIF5)と題した5年計画を発表した。この計画は、マレーシアの「デジタルエコノミーブループリント(MyDigital)」の一環で、投資を呼び込み、マレーシアのデジタルエコノミーを前進させることを目的とした5つの主要な推進力に焦点を当てたものだ。DIF5では高価値雇用の創出を目標とし、フォーチュン500にリストアップされる世界的企業の誘致および拡大を計画している。

官民連携により、マレーシアは世界で最も競争力のあるGBSロケーションとしてインドと中国に次ぎ、第3位である。

サイエンスポータルアジアパシフィック編集部