インド科学技術庁、2020-2021年度「年次報告書」を公表①

2021年6月24日 西川 裕治(元 JST インドリエゾンオフィサー)

インド科学技術省・科学技術庁(Department of Science and Technology: DST)が2021年2月、2020-2021年度「年次報告書」(Annual Report 2020-2021)を公表した。今回は、報告書の中でも国際協力の総論に関する部分に焦点を当てて紹介する。

■概要の説明

  1. (1) 国際協力における先進国の協力相手としては、カナダ、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエル、イタリア、ロシア、スペイン、韓国、スウェーデン、米国、オーストラリア、イスラエル、日本、ポルトガル、ロシア、英国が挙げられている。
  2. (2) その中でも、フランス、ドイツ、米国の3カ国とは、
    • インド-フランスセンター
    • インド-ドイツS&Tセンター
    • インド-米国S&Tフォーラム
    を共同で運営しており、科学技術振興機構(JST)が2016年からインドDSTと協力して進めている国際共同研究拠点(CHIRP)事業においても参考になると考えられる。
  3. (3) インドは科学技術の分野でもアジアのリーダーとしての存在感を高めており、アフリカ、東南アジア諸国連合(ASEAN)、新興5カ国(BRICS)等との共同研究も積極的に進めている。
  4. (4) 昨年初頭からは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連での研究事業が、オーストラリア、BRICS、クロアチア、イタリア、ポルトガル、スロベニア、セルビア、および米国との間で進んでいる。
  5. (5) インド政府は、科学技術(S&T)での国際協力を戦略的にとらえ、以下のような目標を掲げている。
    • 国内研究開発(R&D)への付加価値の供与
    • 世界的競争力の獲得
    • 制度的・人的能力の拡充
    • 世界的な取り組みとの関係強化
    • メガサイエンスプロジェクトや国際的な高度研究施設へのアクセス強化
    • イノベーションと起業家精神によるエコシステムの構築促進
    • 海外の革新的な新パラダイムの採用
    • ICT分野での産学連携を強化し、産業界に寄与する研究開発の促進
    • インドモデルを活用して途上国市場へのアクセスの獲得
    • S&Tソフト能力、能力開発、フェローシップなどを通じての国際的な人的交流の拡大

■年次報告書における国際協力に関係する記載部分の内容

<42~46ページ>2.研究開発(R&D)

2.1国際協力部門(ICD)事業

<年間の顕著な活動>

2020年から2021年にかけての国際的な二国間協力とパートナーシップの促進における指標となる傾向は次のとおり。

  • アフリカ、ASEAN、BRICS、欧州連合(EU)および近隣諸国向けの専用プログラムを含む、46カ国以上との積極的な二国間科学技術協力プログラム
  • 二国間ワークショップを通じた情報の普及とネットワーキング、シンポジウムや展示会
  • 国際会議への若い学生研究者の参加を含む、二国間の高等学校・訓練プログラムの促進
  • 多機関のネットワーク化されたプロジェクトを含む、二国間、多国間および地域の研究開発共同プロジェクト
  • カナダ、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエル、イタリア、ロシア、スペイン、韓国、スウェーデン、米国との業界参加を伴う産業および応用研究開発プロジェクト
  • オーストラリア、イスラエル、日本、ポルトガル、ロシア、英国との対称的な共同研究プロジェクトや戦略的共同イニシアチブのための資金を含むリソースの共同投資
  • インドの機関と提携することにより、選択された科学分野におけるアフリカのセンターオブエクセレンス(COE)を強化することによるアフリカ-インドS&Tイニシアチブプログラムの実施
  • インド-エチオピアイノベーションプログラムによる技術の加速と商業化の促進
  • 制度的枠組みの下での高度研究促進のための二国間科学技術センターへの支援:インド-フランスセンター、インド-ドイツS&Tセンター、およびインド-米国S&Tフォーラム
  • インドおよび外国の若い科学者および研究者のための研究フェローシップおよび訪問プログラムによるモビリティ(HOPEミーティング、リンダウノーベル受賞者ミーティング、オーストラリア、フランス、ドイツ、韓国、英国、米国とのフェローシップおよびインターンシップ)プログラム
  • 近隣8カ国の科学者がインドで研究開発を行うためのインド科学研究フェローシップ(ISRF)の実施。ドイツのFAIRやDESY、KEK Japanのインドのビームライン施設、ジュネーブのCERN、イタリアのElettra、英国のRutherford AppletonLabなどの国際的な高度な研究施設への積極的な関与と参加
  • インド工業連盟(CII)とのテクノロジーサミットやインド商工会議所連盟(FICCI)とのグローバルR&Dサミットなど、業界団体との連携を通じて、国の優先分野における共同研究と技術開発のための国際的なパートナーシップ

<特別なCOVID-19イニシアチブ>

インド科学技術庁(DST)は、いくつかの国とのCOVID-19に対する国際的な科学的協力のプロセスを開始した。共同提案の募集は、オーストラリア、BRICS、クロアチア、イタリア、ポルトガル、スロベニア、セルビア、および米国と協力してなされた。COVID-19のさまざまな側面(基礎科学、治療、診断、生物医学装置、消毒剤、バイオインフォマティクスなど)について、可能なコラボレーションについての議論が行われた。この点に関する進展は次のとおり。

  • インド-オーストラリアCOVIDコール(公募) AISFラウンド13の下、AISRFラウンド13の優先分野-COVID-19共同研究プロジェクトは、
    1. (i) 抗ウイルスコーティング、その他の予防技術
    2. (ii) データ分析、モデリング、人工知能アプリケーション
    3. (iii) スクリーニングおよび診断テスト
    を受けた29件のうち、計3件のプロジェクトが支援に推薦された。
  • BRICS COVIDコール BRICS COVIDの下で合計84のプロジェクト提案が寄せられた。
  • インドがパートナーであるコール
    インドは、サポートが推奨されている12のプロジェクトのうち6つのプロジェクトのパートナーである。これらのプロジェクトは、COVID-19ウイルスの治療と予防のための薬物、ワクチン、診断キット、ゲノム配列決定、疫学研究、人工知能の応用を開発することを目的としている。
  • インド-米国科学技術フォーラム(IUSSTF)
    2つの新しいCOVID-19イニシアチブを発表した。これらの呼びかけへの応答は、二国間チームからの500を超えるアプリケーションで圧倒的だった。2つのイニシアチブは次のとおり。
    COVID-19インド-米国仮想ネットワーク:現在COVID関連の研究に従事しているインドと米国の科学者およびエンジニアのチームが共同研究活動を実施できるようにする。インドと米国の主要な研究者を代表するトップ08チームは、COVID-19の病因と疾患管理、抗ウイルスコーティング、免疫調節、廃水中の新型コロナウイルス(SARS CoV-2)の追跡、疾患検出メカニズム、逆遺伝学戦略、および薬剤の転用に関する研究を含む分野で最先端の研究を実施。
    COVID-19イグニッション助成金:米国とインドの科学技術寄付基金(USISTEF)を通じて、COVID-19の課題に革新的ですぐに使えるソリューションを提供するため、米国とインドの科学技術に基づく共同イニシアチブを支援する。最終的に11件は、新しい早期診断テスト、抗ウイルス療法、ドラッグリポジショニング、人工呼吸器の研究、消毒機、センサーベースの症状追跡を含むソリューションに取り組むもの。
  • インド-セルビア、インド-スロベニア、およびインド-ポルトガルの合同公募で受け取った合計98のプロジェクトが評価プロセス中。

2.1.1国際科学技術協力2020-21

<DSTの国際協力部門>

次の責任を担う。

  1. (i) インドとパートナー国との間の科学技術協定の交渉、締結、実施。
  2. (ii) 国際フォーラムで科学技術の側面に支援を提供。

この責任・任務は、同部門が外務省と緊密に協議して、

  • 海外でのインドのミッション
  • ドイツ、日本(現在、在京インド大使館にDr. Usha Dixitが赴任中)、ロシア、米国へのS&Tカウンセラー
  • 科学、技術、学術機関の利害関係者 
  • 科学分野の政府姉妹部門
  • インドの様々な業界団体
と遂行される。

<国際科学技術協力の指導原則>

DSTは、選択された国際的な提携と選択された国とのパートナーシップを構築することにより、「国際的なコラボレーションの利点」を戦略的に活用できる。

  • 国内のプログラムやミッションに付加価値を与えることができる国際的な同盟を活用する。
  • 二国間協力を通じて世界的な競争力を獲得する。
  • 国際的な露出と連携を通じて、制度的および人的能力の構築を加速する。
  • インドの研究を、科学技術のフロンティア分野および世界的な課題への取り組みにおける世界的な取り組みと結び付ける。
  • メガサイエンスプロジェクトと国際的な高度な研究施設への参加とアクセス。
  • 革新的な指標が高い国との協力を通じて、革新とテクノ起業家精神のエコシステムを促進し、さまざまな国のイニシアチブに付加価値を提供する。
  • インドの生態系において、先進国および新興国による革新的な慣行の新しいパラダイムの採用。
  • 新しいIP、プロセス、プロトタイプ、または製品の作成を目的とした産学連携プログラムを通じて、応用および産業の研究開発を可能にする。
  • 発展途上国の市場へのアクセスを得るために、インドのイノベーションモデルを結び付ける。
  • S&Tのソフト能力を活用し、能力開発およびフェローシッププログラムを通じて、二国間関係および人と人との接触を構築および発展させる。

<この年の間に実施された協力活動の範囲>

DSTは次のような一連の国際協力活動を実施した。

  1. (i) 二国間S&T合同委員会会議および閣僚レベル会議
  2. (ii) 二国間および国際的なワークショップ、ウェビナー、およびシンポジウム
  3. (iii) 共同研究プロジェクト
  4. (iv) 複数機関でのネットワーク化されたR&Dプロジェクト
  5. (v) 仮想共同研究所の設立
  6. (vi) トレーニングプログラム
  7. (vii) 海外の高度な研究施設へのアクセスと国際的なメガサイエンスプロジェクトへの参加
  8. (viii) 二国間科学技術機関への支援の継続
  9. (ix) インド人研究者と外国人研究者の両方のためのフェローシップと訪問プログラム
  10. (x) 国際会議への若い学生研究者の参加
  11. (xi) 二国間レベルでの産業研究開発のための産学連携の促進
  12. (xii) 技術および研究開発サミット、技術見本市、科学技術展示会

新しい協力プログラム:今後5年間(2020〜2025年)の科学技術協力に関するインド・欧州連合(EU)協定の更新

インドとEUは、双方の口上交換により、今後5年間(2020〜 2025年)の科学技術協力に関する協定を更新した。過去5年間で、適切な価格のヘルスケア、水、エネルギー、食品、栄養などの社会的課題に取り組むためのインドとEUの研究技術開発プロジェクトへの共同投資のレベルが向上し、いくつかの技術、特許開発、有効利用、共同研究出版物、研究施設の共有、そして双方からの科学者と学生の交換などの結果がもたらされた。

科学、技術、イノベーションにおける協力

ブラジル、メキシコ、スロベニアと協力ブログラムが締結された。これらの文書は、特定の期間に特定されたテーマで協力関係を築く機会をもたらした。

合同科学技術委員会/評議会会議

2020年から2021年にかけて、ベルギー、ベラルーシ、フィンランド、ドイツ、ハンガリー、日本、韓国、ロシア、ASEAN、BRICS、EUとの間で合同科学技術委員会/評議会会議が開催され、進行中の協力のレビューに加えて、新分野における新たな科学技術(S&T)の分野、例えば、学界、産業、新興企業が関与することによるコールドチェーンテクノロジー、5 G、量子コンピューティングなどで協力の促進、協力を模索した。

共同プロジェクト/共同ワークショップ/セミナー

バーチャルウェビナー/会議/ワークショップ/セミナーは、風力エネルギー、スマートグリッド、ゲノムシーケンス、生物多様性と伝統的な知識、COVID-19の疫学と数学的モデリング、サイバー物理システム、サイバーセキュリティ、量子技術、人工知能、グリーンエコノミー、持続可能な開発、健康科学、高度な製造、設計、航空宇宙、水資源、統合水資源管理、輸送革新と安全性、さまざまな廃棄物から資源への循環経済、地下水管理、技術移転、知的財産権(IPR)、ガバナンス管理と制度的取り決め、高齢者の国際デーのお祝い、伝統的な知識に関して、ベルギー、チリ、ドイツ、イラン、イタリア、日本、メキシコ、ペルー、ロシア、スペイン、スウェーデン、英国、ASEANなど、さまざまな国とのおよびBRICS諸国とで開催された。そして、インドおよび海外の著名な機関/大学から約150人の著名な講演者と1000人以上の参加者がこれらのイベントに参加した。

次回は、主要相手国との二国間、多国間での取り組みについて紹介する予定。