インド科学技術庁、2020-2021年度「年次報告書」を公表④

2021年7月1日 西川 裕治(元 JST インドリエゾンオフィサー)

インド科学技術省・科学技術庁(Department of Science and Technology: DST)が2021年2月、2020-2021年度「年次報告書」(Annual Report 2020-2021)を公表した。今回は、インドとフランス、ドイツ、米国の三カ国との二国間研究協力のために設立された「二国間センター」の活動について紹介する。

参考:
インド科学技術庁、2020-2021年度「年次報告書」を公表③

日本側は科学技術振興機構(JST)がインドと二国間共同研究を続けてきている。特に2016年からは、SICORP(戦略的国際共同研究プログラム)の枠組みで、「国際共同研究拠点」を形成するための事業を進めてきている(下記ウェブサイト参照)。この事業は、日本の科学技術外交にとって重要な東南アジア諸国連合(ASEAN)・インド・中国の研究機関に対し、日本人研究者が常駐する「日本の顔の見える」共同研究拠点を設置して、従来の国際協力により得られた成果やネットワークの実績を生かしつつ、相手国研究者と共に創出したイノベーションの社会普及・社会実装の実現を支援することにより、地球規模課題・地域共通課題の解決を目指すものである。

日本とインドとの間でも、仏、英、米のような二国間協力推進のためのセンター(研究推進拠点)が早期に設立されることを期待したい。

二国間センター: Bi-national Centres

<インド-フランス先端研究推進センター (Indo-French Centre for Promotion of Advanced Research:IFCPAR/CEFIPRA)>

2020年3月20日にインドのニューデリーで開催予定のCEFIPRAの第33回理事会(GB)は、パンデミックのためオンラインで開催され、次の事業の立ち上げを承認した。

  1. (a) 女性科学者/研究者のためのDST-CEFIPRA Women Post-Doctoral Fellowship (DC-WPDF)
  2. (b) CEFIPRA優秀プロジェクト賞 / PRIx Du projet Exceptionnel (PRIDE)
  3. (c) CEFIPRAの再開 - ナノサイエンスとナノテクノロジーに関するヨーロッパの学校(ESONN)ナノサイエンスとナノテクノロジーの分野におけるインド人学生のためのフェローシッププログラム(能力構築)

CEFIPRAの第65回科学評議会および第36回産業研究委員会の会議が、2020年 5月27日および29日にそれぞれオンラインで開催された。科学評議会では、人工知能(AI)とビッグデータ、持続可能性の科学、量子材料、数学的、計算的または物理的アプローチを使用または開発する生物学的問題への対処、生命科学および健康科学の分野での支援のために、地球惑星科学、材料科学、環境科学、共同科学研究プログラム(CSRP)の下で合計10のプロジェクト提案が推薦された。

産業研究委員会は、機械学習、ワイン醸造学、栄養学、眼科、廉価なヘルスケアのさまざまなテーマ分野から産学研究開発プログラム(IARDP)の下で受け取った提案を評価し、3つのイノベーティブなプロジェクトがサポートのために推薦され、進行中のプロジェクトも進捗確認された。

CSRPおよびIARDPでサポートされているプロジェクトから、今年の間に約200論文と14特許が生まれた。CSRPに基づく新しい公募は、2021年1月15日を締め切りとして、以下のテーマ領域で開始された。

  1. (a) 健康、水、農業における宿主と微生物の相互作用
  2. (b) 地球と惑星の居住性
  3. (c) 海洋生物学と生態学
  4. (d) 化学と合成生物学

今年の産業セミナー/ワークショップで特定されたテーマ分野は、天然物と化粧品、ナノ毒物学、スマート&デジタル製造であった。この年、フランスで1回、インドで2回、計3回のセミナーが開催された。「ゴア・アトランティック協力プログラム」(GOAT)に関するインド-フランスセミナーは、個々の学者、科学者、エンジニアの間の架け橋を確立することを目的として、2020年1月にフランスのブレストで開催された。それを支援するために、IIT(インド工科大学)ゴア校とフランスの海洋科学/海洋学のさまざまな機関との間で覚書が締結された。

「最適化、変分分析およびアプリケーション」に関するインド-フランスセミナーは、2020年2月2日から4日にかけて、バラナシの科学研究所の数学科において、また、「燃料および汎用化学物質生産のための小分子活性化」に関するインド-フランスセミナーは、コルカタのインド科学育成協会において開催された。

この年、CEFIPRAは第5回標準化専門家パネル(SEP)会議を開催した。その会議は、2020年6月17日に、インドの弁理士、インドのフランス大使館の知的財産カウンセラー、イノベーション保護ユニット-CSIR、産業研究委員会のメンバーで構成される。SEPは2016年にメンターと知的財産(IP)の権利と共同プロジェクトの商業的可能性について、インドとフランスのプロジェクト協力者をモニターする。CSRPとIARDPの20人のインドとフランスの協力者がオンラインで第5回SEP会議に出席した。知的財産(IP)管理に関連するさまざまな問題が解決され、共同研究プログラムの下で特許性のある結果が得られる場合は、共同研究者はより多くの特許を申請することが奨励された。

このセンターは、インドのDST、フランスのINRIA、CNRSなどの研究資金提供機関(Funding Agency)向けの「重点プログラム」を引き続き促進し、それによって国家的に重要で相互に関心のある分野での共同科学研究を支援する。これらのプログラムは、ビッグデータ、生物学および生命科学のためのコンピュータサイエンス、人工知能、サイバーフィジカルシステムなどのドメインをカバーし、現在、22のプロジェクトがサポートされている(進行中5件+完了17件)。さらに、第7回提案募集では、支援推奨対象の2件のプロジェクトが新たに開始される。DST-CNRSターゲットプログラムの下で、生物多様性、生態系と人間と環境の相互作用、核物理学と素粒子物理学、工学とシステム科学における検出器と理論の開発の分野で4つのプロジェクトが進行中。専門家委員会会議は、「DST-India-CNRS」および「DST-CNRSターゲットプログラム」の進行中および完了済みプロジェクトの進捗状況を確認するために、2021年1月にビデオ会議を開催した。

人材育成を強化するために、既存の「ラマン(Raman)シャルパック(Charpak)フェローシップ2019」で、25人のインド人、1人のフランス人博士と4人のフランス人修士学生が、インドとフランスの研究所で働くことになった。ロックダウンと海外渡航制限により、フランスで立ち往生した16人のインドの博士課程の学生は、インド政府のMEA(外務省)のVande Bharat Mission(コロナ危機により国外に取り残されたインド国民を帰国させるための施策)を通じてインドに戻ることができた。また、2人のフランス人学生のフランスへの早期帰国が支援された。2018年度のラマン-シャルパック フェローによる報告会は、2020年7月2日にオンラインで開催された。15人のインド人学生がフェローシップ後にフランスでポスドクに就いた。それらを総合して、学生の90%がフェローシップの経験を「素晴らしい」と評価している。

CEFIPRAの管理下にある、インド技術開発委員会(Technology Development Board)とBpifrance(フランスの政府系投資銀行)の二国間プログラムの下で、バンガロールのPanacea Medical Technologies Pvt. Ltd.とカシャン(仏)にあるDOSI soft SAの間で、医療機器の分野で1件のプロジェクトが進行中である。このプロジェクトは、6 MV Medical LINAC用IMRT / IGRTベースの治療計画システム(TPS)の開発と癌治療の費用対効果の向上のための商業化を想定している。

この年、センターの活動をまとめたCEFIPRAニュースレター「Ensemble」の発行が継続され、3件のプロジェクトのサクセスストーリーがVigyan Prasar(大規模な科学普及タスクを担当する自律的組織としてインド科学技術省によって1989年に設立)経由で、さまざまなメディアプラットフォームで公表された。

<インド-ドイツ科学技術センター(The Indo-German Science & Technology Centre: IGSTC)>

IGSTCは、このプログラムとスキームを通じて、熱意を持ってインドとドイツの研究ネットワークを加速し続け、さまざまなインドとドイツの機関や産業界を支援するための共同研究を促進する上で、極めて重要な役割を果たしている。2+2の主要なスキームは、現在、インドとドイツの国家優先事項のさまざまな分野で20のプロジェクトを支援している。

2020-21年、IGSTCは、次の新興分野で2+2による20の共同プロジェクトを支援した。

  1. (i) 持続可能なエネルギー
  2. (ii) 高度な製造
  3. (iii) 生物医学装置および技術
  4. (iv) 上下水道技術
  5. (v) スマートシティ
  6. (vi) 持続可能な生産
  7. (vii) クリーン&グリーン技術に関連するもの

現在進行中のIGSTCプロジェクトには、インドとドイツの学界と産業界の87のプロジェクトパートナーが参加しており、プロジェクトへの総投資額(インド、ドイツ両方で)は推定12億インドルピー(約18億円)。このプログラムを通じて、当初から両国の約600人の科学者、研究者、エンジニアが、ネットワーク化されている。また、ポスドク、博士、修士、学士の各レベルで250人の研究者がこれらのプロジェクトに取り組んでおり、質の高い研究人材の育成が行われている。

未来の農業畜産、農業サプライチェーンにおけるロジスティクス、持続可能で改善された農業生産技術を含む、バイオ・エコノミーのテーマ領域では、IGSTC2 + 2 提案募集においては、4プロジェクトの支援が推奨された。

IITマドラス校、Chembiosens Pvt. Ltd.、TU Braunschweig、Lionex GmbHが提携したマルチWAPプロジェクトは、最大7つ以上のインド亜大陸に存在する水系病原体を同時に検出するための費用対効果の高いマルチプレックス・ラベルフリー光ファイバーアレイ・バイオセンサーシステムを開発するため進められてきた。事業のフェーズ1で生み出された成果を商業化するため、フェーズ2への継続するための資金提供が決まった。重要な成果の1つは、プローブの形状に高い一貫性があり、再現性のある感度を備えたUファイバー光ファイバープローブを製造するための「自動ファイバー曲げ機」の開発である。プロジェクトの主要なサクセスストーリーの1つは、Chem Bio Sens Pvt. Ltd.の設立であった。これは、IITマドラス校のインキュベーションセルで2018年10月23日にIGSTCプロジェクトの資金提供で実現したもので、IITマドラス・バイオセンサー研究所での技術開発活動のスピンオフ企業である。

IGSTCは、ジャランダル(パンジャブ州)とアーンドラ・プレディーシュ州の国立工科大学(NIT)と、ケララ州のサンギッツ工科大学での3回のオンライン会議を実施した。このオンライン会議は、二国間資金調達の機会と産業ベースの将来の研究協力に焦点を合わせたものであった。ウェビナーには、約500人の教員、研究者、修士課程の学生が参加した。

アウトリーチ活動は、主に若い教員が研究キャリアの早い段階で二国間(支援)資金を見つけることを目的としている。IGSTCは、2020年11月12日に、アディティブ・マニファクチャリング(添加製造)に関する2020年の公募を推進するために、オンラインワークショップ「IGSTC Virtual Event:2 + 2 Call 2020 in Additive Manufacturing」を開催した。このイベントには、インドとドイツからの著名な科学者の優れた講演者が登壇し、400人以上の登録者が集まり、イベントには常時約150人の積極的な参加者が集まった。

<インド-米国科学技術フォーラム(The Indo-US Science and Technology Forum: IUSSTF)>

IUSSTFの活動は、大きく次の4カテゴリに分類される。

  1. (i) 科学に関するネットワーク形成
  2. (ii) イノベーションと起業家精神
  3. (iii) 研究開発
  4. (iv) 相互訪問とフェローシップ

2020-21年のIUSSTFの活動の概要は次の通り。
競争的研究資金プログラムを通じて、基金は、①健康な個人と②市民のエンパワーメントという2つの広い分野で助成金を提供することで、「社会的インパクトに向けたテクノロジーの商業化」というテーマに取り組む経済的にも有望な米印の共同起業家イニシアチブを実施する。USISTEFプログラムに基づく第10回提案募集は、2019年9月に発表され、厳格で多層の二国間レビュープロセスを経て、2020年10月に5つのプロジェクトが採択された。

2020年3月、IUSSTFと米国エネルギー省は、実装パートナーとして機能する「インド 人間居住研究所(IIHS)」および「インド エネルギー効率化経済同盟(AEEE)」と、「インドでのソーラー・デカスロンの組織化に向けたパートナーシップ」との間で、それらの関与の枠組みを確立するための覚書に署名した。

2020-21チャレンジでは、102の学術機関から75のチームが登録され、次の4つの部門のいずれかの事業に参加する。

  1. ① 多世帯住宅
  2. ② 教育施設
  3. ③ オフィスビル
  4. ④ コミュニティ持続シェルター

「UI-ASSIST:蓄電池を備えたスマート配電システムのための米印共同事業」は、インド工科大学、カンプール、ワシントン州立大学が共同で主導するプロジェクトだが、2017年9月の「インド-米国の共同クリーンエネルギー研究開発センタープログラム(JCERDC)フェーズII」において、プルマンが採択された。このプログラムは、インド政府の科学技術庁と米国エネルギー省によって資金提供され、IUSSTFが実施および管理する。またこれは、学界、国立研究所、産業界、さらには政策専門家や公益事業規制当局の研究者が一堂に会するユニークなプロジェクトである。

UIASSISTプロジェクトの成果を強調するために、2020年7月21日から24日まで年次二国間会議が開催された。そのオンラインミーティングは、ワークショップ、一連のテクニカルトーク、米国とインドがリードする11のテーマの下で行われ、進捗状況の概要、および次のステップへの議論がされた。

オンラインで「河川水と大気質の監視(WAQM)」システムを開発することの重要性を認識し、インド科学技術庁(DST)およびIntelは、この分野の共同研究の開始に合意した。2017-18年に4つのプロジェクトが採択対象として特定され、そのうち2件は、それぞれ「空気」と「水質」のモニタリングカテゴリで資金提供されることになった。このイニシアチブのフェーズI(最初の3年間)は、テストベッドレベルで完全に機能するデモンストレーションができる技術的なソリューションを開発する方法で、統合された複数のベクトルにわたる研究をサポートする。フェーズIは2020年12月に終了予定であり、プロジェクト監視委員会(PMC)はオンライン会合を開き、成果、マイルストーン、目標、目的に沿ってプロジェクトの進捗状況をモニターし、プロジェクトの全体的なインパクトを評価した。

アメリカ合衆国(米国大使館経由)およびインド(新エネルギー・再生可能エネルギー省経由)の両政府は、「インド-米国PACEセッター基金(PSF)」を設立した。それは、企業がイノベーティブな製品、ビジネスモデル、およびシステムを開発およびテストできるよう初期段階の助成金を提供することで、イノベーティブなオフグリッド・クリーンエネルギー・アクセスソリューションの商業化を加速する。

IUSSTFは、2020年11月9日にオンラインでインタラクティブワークショップを開催し、インド科学技術庁(DST)によってサポートされている「米国-インド女性研究者のためのSTEMMフェローシップ(WISTEMM)」プログラムの第2回受賞者たちの成果を強調している。